小さなお子さんやペットがいるご家庭は必見!最新の素材を使用したローソファー

ボロくなったソファーほど悲しいものはない

柔らかな日差しが降り注ぐリビングの窓辺に置かれたローソファー。その存在感はまさにインテリアの主役といえるでしょう。デザインや色柄、ブランド等こだわればきりがありませんし、お気に入りのソファーを探す旅は楽しいひと時でもあります。真新しいソファーが届いた時の喜びと感激は、ソファーの購入経験がある人なら共感できるのではないでしょうか。
しかし、悲しいかなソファーは買った瞬間から酷使され消耗される運命にあります。毎日長時間座るのですから間違いなく汚れますし、経年劣化も避けられません。小さなお子さんやペットがいる家庭は、さらに汚れやキズのリスクが高くなります。だからとって極力使わないようにするのは本末転倒ですし、カバーを掛けて保護する方法もありますが、それではせっかくのソファー本来の美しさが隠れてしまいます。

ソファー選びは素材を重視して

小さなお子さんやペットがいる場合はソファーの素材選びが重要になります。布張りのソファーの場合、汚れに強いのは対摩擦性に優れ水を吸いにくい性質を持つポリブロピレンやポリエステルなどの化繊です。光沢もありテクスチャーやカラーバリエーションも豊富です。またこれらの素材は丈夫なので家庭で洗濯できるものもあります。フルカバーリングで洗濯可能なソファーなら多少の汚れにも寛大になれそうです。 ペットによる傷や汚れに強い素材で特におすすめなのが人工皮革です。引っかき傷が付きにくく、汚れても濡れたタオルでさっと拭けるので清潔な状態を保てます。天然皮革よりも安価ですが技術の発達で品質は向上しています。人工スエード革も雰囲気があって素敵ですよね。

フロアソファーは、単にリラックスができるだけでなく、リビングや室内などに上手く配置することで室内の雰囲気を自分好みに変えることもできます。