思わず腰を下ろしたくなる!ローソファーの高さについて

床に近く小さな子供にも安心

ローソファーは座面の高さが低いので、座った時に視線が自然と低くなって部屋が広々として開放感が感じられるのが特徴です。我々日本人は畳に座ったり寝たりする生活習慣があったので、ローソファーのように床に近いほうが座り心地が良いと感じる傾向もあるようです。でも直接床に腰を下ろすよりも、ローソファーでは少し高い位置に座るので足腰の弱いお年寄りなどにも優しいですね。

もう1つの良い点は低いことで小さな子供やペットの怪我などの心配がないことです。お洒落で安心してくつろげるローソファーは是非ともお部屋に欲しい家具の1つですよね。ローソファーにはお部屋の真ん中やコーナーに置いたり和室に合うものなど色々なタイプがあるので、部屋や利用法に合わせて選ぶのも楽しいですね。

背もたれに利用できるタイプ

ローソファーには形態やサイズが違う様々なタイプがあります。座面の高さが10cm前後の床により近い直置きタイプのソファーは赤ちゃんや小さな子供がいる家庭には安心です。さらに脚がなくて床に跡がつかないのでそれもメリットです。座椅子のような感覚で使えるのでこたつと合わせても使えます。でも床に直接座ってソファーにもたれかかると座面が低すぎるので背中や首が痛くなることがあります。 床に直接座ってくつろぎたい場合には、ソファーが背もたれに利用できるタイプがお勧めです。床に座るとより一層落ち着ける人にはうってつけです。座面の高さが20cm以上あるソファーならば床に直接座ってもたれかかっても背中が痛くなりません。もちろんソファーに座ってもくつろげるので利用法が広がります。

足腰に負担のかからないソファーを探しているならローソファーの通販があります。ネットで見ながら買えるので好みのソファーが選べます。