高級感が欲しい!そんなあなたには革製がおすすめ!

ローソファーで部屋に高級感を与えたい

リビングにソファを置いている人も多く見られますが、なるべく部屋に圧迫感を与えたくないと思っている人も多いものです。このような人にお薦めなのがローソファーです。家具が低くなるので部屋の壁には余白が生まれて、空間をすっきりと演出することができます。ローソファーに座れば目線も低くなるので、自然に部屋全体を見上げるようにもなり、天井が高く感じられ、部屋に開放感が生まれるかもしれません。 ローソファーをおきたいけれども、できることならば部屋全体に高級感を演出したいと考えるのであれば、革製のソファーがお勧めです。一言で革製のローソファーといっても種類が異なるので、メリットやデメリットを知り、自分にぴったりの革のローソファーを選びましょう。

本革と合成皮革の2種類があります

ローソファーに高級感を与えたい場合にお薦めなのが革製のものですが、一言で革製といっても本革と合成皮革の2種類が存在しています。本革の場合には、高級感やクラシックな雰囲気を演出できたり、座ると人の体温に合わせて温かくなるというメリットがあります。使い込むほどに風合いが増すので、年月が経つにつれて独特の色合いや素材感も楽しむことができるでしょう。

しかし本革の場合には価格帯が高めであり、革の質や厚みよってはさらに値段が高くなることもあります。このような場合には革に似せて作った人工的な素材の合成皮革を選ぶと良いでしょう。本革よりも安く人工的な素材なので色のバリエーションも楽しむことができ、天然皮革にはない色合いを楽しむことも可能です。

畳が大好きだけど、もう少しリラックスムードを出したい方には、ぜひとも畳にローソファーをおすすめします。クッションが身体を支えてくれるので、身体がフィットして長時間座っていられます。